紙工祭

紙工祭


日時:2014年10月18日(土)、19日(日)

工場で一緒に楽しむ紙まつり MABATAKI NOTE kaminokousakujo.jp

日時:2014年10月18日(土)、19日(日)

立川で紙の加工と印刷を50年以上続ける福永紙工。紙工祭は、その工場を地域の人や興味のある人に開放して、いっしょに楽しむはじめてのお祭り。工場見学をはじめ、関係者によるトーク、紙を楽しむワークショップ、工場でつくった製品の販売、デザイナーによる紙屋台など、もりだくさんの内容の2日間です。

紙工祭2014 写真展

もりだくさんの5つのイベント

紙工祭 予定表
  10/18(土) 10/19(日)
10:00 はじまり はじまり
12:00 工場見学 工場見学
14:00 工場見学 工場見学
15:30 トーク1 トーク2
17:00 おしまい おしまい
  工場見学、トークは予約制です。

はじめての工場見学

紙に印刷し、紙を加工する。知ってそうで知らない工場の現場を、見て、感じて、話を聞く時間。完全予約制で実施します。

1回目 12:00~12:45
2回目 14:00~14:45
定員20名。参加費500円(紙のお土産付き)
(定員に達しましたため、申込を停止いたしました)

紙の裏側トーク

「紙を加工する」ことで何が生まれるのか。デザインして、製作して、販売するプロセスで発生する様々な事件を関係者が証言します。

15:30~16:15
定員20名。参加費無料。
(定員に達しましたため、申込を停止いたしました)

トークテーマ、出演者
●10/18 トーク1
「製造とデザインディレクション」
三星 安澄×switch design×宮田 泰地(福永紙工スタッフ)

●10/19 トーク2
「販売とブランディング」
寺田 尚樹×萩原 修×山田祥子(福永紙工)


ペラペラワークショップ

紙と工場を楽しむ体験。紙に囲まれてみたり、紙のお面をかぶったり、ペーパーゲームを楽しんだり、 手紙を書いたり、紙の工作員になってみたり、工場のあちこちで、紙を使って楽しめます。
誰でもその場で参加可能。申込不要。

●空気の器がその場で抜けるワークショップ
●テラダモケイで1/100の世界をつくるワークショップ
●gu-paに紙のコラージュ
●トータスゲーム大会
●センコウハナビシ色塗り体験

工場軒先直売所

工場でつくった紙製品をその場で直売。もしかしたら、ここでしか買えないバージョンや試作品、半製品を手に入れることもでるかも。 オリジナル鍵付きギフトボックスその場で抜き渡し&受注相談会開催!!
即日納品!!
かみの工作所 テラダモケイ MABATAKI NOTE gu-paほか

いろいろ紙屋台

工場に出入りする様々デザイナーが特別出展。屋台には、工場つながりのおいしい紙が勢ぞろい。
早いもの勝ち。売り切れごめん。

10月18日(土)
●カイチデザイン+花の停留所
●西荻紙店
●つくし文具店
●circle[gallery & books]
●珈琲 十(こーひー とお) と きむくまカレーパン

10月19日(日)
●15.0%(タカタレムノス+テラダデザイン)
●Caro&LUFTKATZE
●ヤマコヤ やまさき薫
●オリオンパピルス
●Afterhours

福永紙工

会場=福永紙工 本社工場
東京都立川市錦町6-10-4(Google Mapで見る

JR立川駅から徒歩17分程度
JR西国立駅から徒歩15分程度
*駐車場はございません。
公共の交通機関をご利用ください。

お問い合わせ先:福永紙工株式会社
TEL 042-526-9215
FAX 042-527-4632

主催:紙交際実行委員会
企画:萩原修
グラフィックデザイン:三星安澄
会場デザイン:switch design
webデザイン:横田茂